MENU

ナプキンの蒸れるし擦れるし痛いを解消する6つの方法!毎日つけるのはよくない?

ナプキンで蒸れるし擦れる
  • URLをコピーしました!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ナプキンをつけていると蒸れるし擦れるし、デリケートゾーンが痛いですよね。

不快なあの感覚…生理中は憂鬱になります。

生理で肌が敏感になっているうえに、ナプキンが蒸れると少し擦れるだけでも痛いです。

擦れるとかぶれの原因にもなりますし、皮膚がただれて下着が汚れる原因にもなります。

ナプキンで蒸れるのと、擦れることで痛い原因を解消する対処法がありますので、参考にしてください。

デリケートゾーンがかぶれて痛いと集中力がなくなりますし、イライラして憂鬱になるので、対処法がわかれば生理中を快適に過ごせるようになりますよ!

この記事を書いた人

アラフォー主婦、中学生娘と小学生息子の母です。医者や専門家ではないけど、小学6年生から付き合ってきた生理、妊娠、出産を経験しているからこそわかる目線で生理用品について書いています。生理用品ってたくさんあるしどれが自分に合うのか使ってみないとわからない…。使う前に「これってどうかな?」「こんなものあるんだ」という発見のきっかけになればいいなと思います。あれこれいろんな生理用品を試すのを楽しんでいます♪

私自身は40歳になる頃から生理が2~3ヶ月来ないことが増え、生理になる薬で順調に来るようになったと思ったらまた止まり…を繰り返しています。

もしかしたら40代半ばで閉経するかもしれない状況です。

目次

ナプキンが蒸れるし擦れるし痛い時の対処法6選

解消法

ナプキンをつけていて蒸れる・擦れるし痛い時にできる対処法です。

ちょっとしたことですが生理中、ナプキンは毎日つけるものなので、意識して気をつけることで不快感が軽減されますよ。

ナプキンをこまめに替える

ナプキンを長時間替えないと雑菌が増えて不衛生になりますので、こまめに替えるようにしましょう。

臭いがするようになると、「臭ってないかな」と気になりますよね。

経血や汗で蒸れる不快感があるのもイヤです。

経血の量が少ないからまだ使えると長時間替えずに使い続けると、汗で蒸れてきます。

3~4時間に1回は交換するようにしたいです。

自分に合ったナプキンを使う

ナプキンは自分のカラダに合ったものを選んで使いましょう。

サイズや形状、素材が合っていないとかぶれる原因になりますし、サイズが合っていなくて擦れるのかもしれません。

たくさんの種類があるから色々使ってみて気に入るナプキンを見つけてください。

生理中は毎日つけるものなので、合ったものを見つけるのは大事ですよ!

ポケまま

擦れると痛いですもんね…

ウェットシートで拭く

トイレに行ってナプキンを替える時に、デリケートゾーンをウェットシートで拭くと、肌がさっぱりして蒸れ解消になります。

ナプキンを替えてもデリケートゾーンに経血がついた状態では不衛生ですしかゆくなってきます。

かといって外出先ではシャワーを浴びれるわけではないので、ウェットシートを持ち歩くようにすればトイレで拭き取れます。

敏感なデリケートゾーンに使用するウェットシートはノンアルコールタイプにしましょう。

ソフィのデリケートウェットシートについて書いていますので、興味がある方はお読みください。

アンダーヘアのケアをする

経血がアンダーヘアにつくと固まったり蒸れる原因になるので、短くカットしてケアをしましょう。

ただでさえ下着の中で蒸れやすい状況を、アンダーヘアをカットすれば擦れるのも解消されますし、通気性がよくなります。

あまり短くしすぎると逆に違和感になるので、少しずつカットしていくといいですよ。

通気性のいい下着を使う

生理の時は蒸れやすいので、下着は通気性のいいものにしましょう。

通気性が悪いと空気がこもってデリケートゾーンの環境が最悪になります。

ナプキンだけでなく、下着も自分に合ったものを見つけることが大切です。

パウダーを使う

ナプキンにパウダーをポンポンと直接つけることで蒸れるのを防いでくれます。

ナプキンの貼りつき感、べたつき感が軽減されるので蒸れる人はぜひ使ってほしいアイテムです!

ポケまま

擦れるのも軽減できます

かばんに入れて持ち歩けば外出先でも使えますしね。

経血がついているナプキンに使う場合はパフが汚れてしまうので、交換した新しいナプキンにつけましょう。

玉川衛材
¥1,377 (2022/06/01 20:51時点 | Amazon調べ)

ナプキンで蒸れるのはデリケートゾーンが敏感だから

不快感を解消

デリケートゾーンはカラダの中でも肌が薄くて敏感なので蒸れやすい場所です。

女性は下着をつけたうえにストッキングや衣服を着て密着するのでただでさえ通気性が悪いところに、生理中はさらにナプキンで通気性が悪くなります。

経血により普段より湿度が高くなり蒸れる環境になってしまっているのです。

またデリケートゾーンは汗腺が多い場所なので汗をかきやすから蒸れるんです。

ポケまま

顔や脇のようにさっと汗を拭けませんしね。

蒸れているところにナプキンや下着が擦れると肌がただれて傷になり痛いんですよね。

  • 薄くて敏感な場所
  • そもそも通気性が悪い
  • 経血により湿度が上がる
  • 汗腺が多く汗をかきやすい

蒸れてかぶれたりかゆみになってしまった時の対処法

婦人科

気をつけていてもデリケートゾーンがかぶれたりかゆみになってしまった時の対処法です。かぶれると擦れることでさらに悪化します。

ひどくなる前にケアしてください。

ポケまま

かぶれたらヒリヒリして痛いんですよね…

市販薬を使う

擦れるのがひどくなる前にデリケートゾーン専用の市販薬を使いましょう。

フェミニ-ナ
¥1,031 (2023/10/07 11:43時点 | Amazon調べ)
第一三共ヘルスケア
¥1,580 (2023/10/07 11:44時点 | Amazon調べ)

痛い時にすぐ使えるように1つ家に置いておくといいですよ。

皮膚科か婦人科で診てもらう

市販薬を使っても治らない、擦れるし痛いのを自分ではどうにもできなくなった時は皮膚科か婦人科で診てもらいましょう。

皮膚科でもいいですが、デリケートゾーンを診てもらうのは恥ずかしいですよね。

私は内ももにじんまじんができて皮膚科に行った時に、待合室から見えるぐらいの診察室でスカートをまくりあげたのが恥ずかしかった経験があるので、診察室や看護師さんの動きが配慮されている婦人科で診てもらうのをおすすめします。

婦人科はまわりから見えないようになっていますし、ベッドや器具にしても整っているので安心して診てもらえます。

かぶれるなら布ナプキンを使うという選択肢も

布ナプキン

ナプキンには使い捨てナプキンの他に、洗って何度も使える布ナプキンがあり、布なので下着と同じ感覚で使えます。

どうしても市販の使い捨てナプキンが蒸れるし擦れて痛いという方は、肌に合わないのかもしれません。

肌に合うナプキンを探しているなら、布ナプキンを試してみることをおすすめします。

布ナプキンが向いているのは次のような人です。

布ナプキンが向いている人
  • 肌が弱い人
  • 冷え性の人
  • 生理痛がひどい人
  • ゴミを減らしたい人

通気性のいい布ナプキンは蒸れにくく、肌に優しいんです。ちゃんと使っていれば経血が漏れる心配はありません。

肌に優しいのでナプキンや下着が擦れて痛いなら使ってみるといいですよ。

ナプキンを毎日つけるのはよくない?

ナプキン

生理が終わってもナプキンを毎日つけるのは肌にはよくありません。

生理不順でいつ生理がくるかわからない、おりものが多いからと毎日つける人もいます。

経血がなくてもおりものや汗で蒸れるので、生理はないのにナプキンをつけているのはデリケートゾーンの環境はよくありません。

ポケまま

常に蒸れて痛いのもイヤですよね

おりものが多くて下着を汚すのがイヤならおりものシートを使いましょう。おりものシートは薄くて小さいのでナプキンよりごわつきません。

毎日つけるならおりものシートのほうがいいですよ。

おりものシートも3~4時間ごとには交換するようにしましょう。

布ナプキンにもおりもの用があるので、毎日つけるなら布ナプキンに変えるのも方法の1つです。

\肌にやさしい布ナプキン/

自分に合った生理用品を使ってトラブルを減らそう

ナプキンはたくさんの種類が出ています。

蒸れる・擦れる状態で過ごすのは憂鬱です。ただでさえブルーデイな生理なのにさらにイヤな気持ちになりますよね。

不快感を減らすためにできることです。

  • ナプキンはこまめに替える
  • 合ったナプキンを使う
  • ビデを使い経血を洗い流す
  • アンダーヘアのケアをする
  • 通気性のいい下着を使う
  • パウダーを使う

少しのことを習慣化すれば痛いや不快なトラブルを軽減できるので、できることから試してみてくださいね!

生理が終わったのにナプキンを毎日つけるのはおススメしません。

毎日つけるなら布ナプキンを使う選択肢もあります。

自分に合ったナプキンを見つけて生理中も快適に過ごせるようにしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次