MENU

生理用品何使ってる?ナプキン以外のアイテムを紹介!広がる新しい選択肢

生理用品何使ってる
  • URLをコピーしました!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ポケまま

生理用品は何使ってる?

いきなりですが、生理用品は何を使ってますか?

恐らくほとんどの方が”ナプキン”を使っていると思いますが、ナプキン以外にも生理用品はたくさんあるんですよ。

「フェムテック」という言葉が広まってきて、生理期間がグッとラクになる商品がたくさん出ています。

ナプキンよりも快適に過ごせるアイテムですが、知らないとどう使っていいのかわからないと思いますので、いろんな生理用品を使い方と共に紹介していきます。

この記事を書いた人

友だちの「吸水ショーツって知ってる?」の言葉をきっかけに、生理用品を調べてみたら「めっちゃ種類あるやん!」ということに気付きました。

女性でも生理用品について知らないことが多く困る場面があるので、知ることで選択肢が増えて少しでも生理中の悩みが減ればいいな~と思っています。

アラフォー主婦、中学生娘と小学生息子の母です。医者や専門家ではないけど、小学6年生から付き合ってきた生理、妊娠、出産を経験しているからこそわかる目線で生理用品について書いています。

私自身は40歳になる頃から生理が2~3ヶ月来ないことが増え、生理になる薬で順調に来るようになったと思ったらまた止まり…を繰り返しています。

もしかしたら40代半ばで閉経するかもしれない状況です。

目次

生理用品何使ってる?

重なったナプキン

生理用品何使ってる?

生理の時の選択肢が広がればこういった会話が増えてくることでしょう。

実は生理用品はナプキン一択ではなく、他にも種類がありますので知っておくと選択肢が広がります。

中学生娘が修学旅行の時にマリンスポーツをする時間があり、友だちが生理にかぶりそうで「どうしよ~」と言っていたので「たんぽん使ったら?」と提案したところ、「怖くてよー使わん」と言っていたそうです。

確かに思春期の年齢ではナプキン以外を使うのは抵抗があるかもしれません。

しかしいろんな生理用品を知って使えるようになっていることで選択肢がひろがり、生理期間をラクに過ごせるのにな~と私は思うんですよね。

ナプキン以外にも「こんなものもあるんだ」と知ってもらえたらと思います。

困ってる人は自分に合うものを見つけてほしい!

【こんなにある】ナプキン以外の生理用品を紹介

ナプキン以外の生理用品はたくさんあるんですよ。

いくつ知っているものがありますか?

  • タンポン
  • シンクロフィット
  • 布ナプキン
  • 吸水ショーツ
  • 月経カップ
  • ショーツ型ナプキン

タンポン

ばらしたたんぽん

ナプキンの次によく知られているのがタンポンじゃないかなと思います。

膣の中に入れた吸収体が経血を吸収するため、海やプールに行く時に生理になってもタンポンをしていれば入れるのが便利です。

温泉で裸になる場合は股の間からヒモが見えてしまうのが難点ですが…

タンポンには多い日用・普通の日用・特に多い日用・オーガニックなどの種類があり、経血量に合わせて使い分けることができます。

タンポンのメリットデメリット
メリットデメリット
・生理でもプールや海に入れる
・漏れる心配がない
・ナプキンのようにズレたりしない
・トイレの際、ヒモが濡れる
・温泉ではヒモが見える
・入れるのが怖い
・違和感があることがある

タンポンにはアプリケーターが付いているタイプと、アプリケーターがなく指で直接入れる”フィンガータイプ”があります。

フィンガータイプのタンポンは、だいぶ慣れている大人じゃないとなかなか使いにくいかなと思います。

またアプリケーター付きでも、アプリケーターを引き出すコンパクトタイプもあり、タンポンだけでも種類があります。

  • 通常のタンポン
  • コンパクトタンポン
  • フィンガータイプのタンポン
ポケまま

自分に合ったタンポンを見つけましょう

タンポンにフィンガータイプがある!エルディタンポンの口コミ

シンクロフィット

シンクロフィット中身

シンクロフィットの使い方は難しくなく、うまく使えれば「神アイテム!」と思える優れものです。

イメージは挟むナプキンといったところでしょうか。

シンクロフィットだけで使わず、ナプキンと併用して使います(量が少ない時はシンクロフィットだけでいける場合も)。

使い方は膣に直接シンクロフィットを押し当てるだけ。

最初は違和感があるかもしれませんが、だんだんとなくなっていきます。

膣に直接当てているためドロッと出る感じがなくなり、後ろ漏れの心配がありません。

しかもトイレに流せるのがシンクロフィットのすごいところ!

量が多くて困っている人はぜひ試してみてほしいです。

シンクロフィットのメリット・デメリット
メリットデメリット
・トイレに流せる
・動いてもずれない
・後ろ漏れしない
・うまく付けないと落ちる
・トイレが近いともったいない
・違和感があることがある

たまに「私には合わなかった」という意見を聞くことがありますが、快適に使っている人のほうが多い印象です(私調べ)。

私は生理2~3日目の寝る時には必ずシンクロフィットを付けています。

ポケまま

漏れる不安がなくなるからね

布ナプキン

布ナプキン

使い捨てナプキンではなく、洗って何度も使える布ナプキンはゴミが出ずエコな生理用品です。

「ナプキンは捨てるもの」と思っていると、「洗って使うなんて信じられない!」と思うかもしれませんね。

人によっては使い捨てナプキンが肌に合わず、布ナプキンを好んで使う場合もあるんですよ。

ポケまま

赤ちゃんに布おむつを使うのと同じ感覚かな

1回の生理で使える枚数の布ナプキンを買ってしまえばナプキンを買う必要がなくなり、急に生理になって「ナプキンがない!」と焦ることがなくなります。

ただ洗うのがどうしても手間に感じるのが最大のデメリットです。

おりもの用の布ナプキンもあるので、生理じゃない時に使ってみて慣れていくのがいいかもしれません。

布ナプキンのメリット・デメリット
メリットデメリット
・洗って何度も使える
・ゴミが出ない
・毎月ナプキンを買わなくていい
・洗うのが手間
・出先で交換すると持ち帰らないといけない

吸水ショーツ

吸水ショーツ2枚

吸水ショーツはナプキンが不要で、ショーツ自体が経血を吸収するようになっています

初めて知った時には理解ができなかったのですが、ショーツと布ナプキンが一体化していると想像すればわかりやすいです。

洗って何度も使えるため、エコでゴミが出ません

履いているのでナプキンのようにズレることがないのも吸水ショーツのメリットです。

ただし布ナプキン同様、洗う手間があるのが大きなデメリット。

またいくら経血を吸収するとはいえ、生理2~3日目に1日中ずっと履いているのはニオイが気になりますし、デリケートゾーンが不快になってきます。

ナプキンやシンクロフィットと併用してうまく活用していくのがおすすめです。

吸水ショーツのメリット・デメリット
メリットデメリット
・ズレない
・洗って何度も使える
・毎月ナプキンを買わなくていい
・洗うのが手間
・ニオイが気になる

月経カップ

月経カップ

月経カップは膣内に入れて経血を溜めるシリコン製のカップです。

1日に1回、溜まった経血を捨てて再び膣内にセットすればいいのですが、入れるのが難しいのが最大のデメリットなんです。

カップを折り曲げて細くして膣内に押し込むのはタンポンを使ったことがない・性交経験がない人にはかなりハードルが高く、そこまでして使わなくてもいいと思うでしょう。

ポケまま

血を見るのが苦手な人も無理かも

清潔に保つために煮沸・消毒をする手間もあります。

うまく使えれば漏れない・ナプキンがいらない・水に入れるなど、生理じゃない時と同じように過ごせるのでかなりラクなんですが、慣れるまでは時間がかかると思います。

私は使えたら一番ラクな生理用品だと思っていますが、慣れるまでのハードルが高く、かなり強い意志を持ってじゃないと使いこなせないのがもったいないところです。

月経カップのメリット・デメリット
メリットデメリット
・ナプキンが必要ない
・海・プール・温泉に入れる
・生理の不快感がなくなる
・入れるのが難しい
・煮沸・消毒が手間
・高い

ショーツ型ナプキン

ナプキンには履くタイプのショーツ型ナプキンがあります。

履いているのでズレないし、後ろ漏れしても受け止めてくれる安心感があり、主に寝る時に活躍する生理用品です。

おむつのように見えて抵抗があるかもしれませんが人に見せるものではないですし、寝る時に安心感がほしいならぜひ使ってみてほしいです。

もし外出時に着けていくなら交換時、替えのショーツを持っていかないといけません。

ショーツ型ナプキンのメリット・デメリット
メリットデメリット
・寝る時の後ろ漏れが気にならない
・ズレない
・持ち運びがかさばる
・交換が大変
ポケまま

エリスから黒いショーツナプキンが出てるんですよ

進化しているデリケートゾーンケア

女性のデリケートゾーンのケア用品も進化しているので、お手入れしたい女性にはおすすめです。

ポケまま

タンポンを使ったことがある人は簡単に使えるはず!

膣内洗浄アイテム

膣内を洗い流してニオイやかゆみを軽減する膣内洗浄アイテムがあります。

ジェルタイプと精製水タイプがありますので、自分が使いやすいタイプを見つけてください。

インクリア

ハナミスイ
¥2,325 (2024/06/11 00:20時点 | Amazon調べ)

インクリアはジェルを入れて膣内をゆっくり洗浄します。

乳酸菌が配合されているジェルで膣内の自浄作用を高めてくれる効果があり、ニオイやかゆみが気になる時に使えばスッキリします。

クリーン

小林製薬から出ているクリーンはジェルタイプの膣内洗浄アイテムです。

インクリアより短く、奥まで挿入するのが怖い人にはクリーンがおすすめです。

ジェルの量が多いので使ったあとはナプキンかおりものシートをしておきましょう。

セペ

プチシャワーセペはノズルを膣内に挿入し、ボトルをグッと握ると精製水が一気に噴き出し膣内を洗浄する精製水タイプです。

精製水は体外に出てきますのでトイレかお風呂で使用しましょう。

膣から入れる美容液

膣から入れる美容液「ラシーネコアセラム」は、ヒト幹細胞培養液とラクトバチルス菌培養液が配合されている美容液です。

膣の吸収力は肌の42倍だそうで、美容液を膣から入れることでカラダの中からキレイを目指せる商品なんです。

3本入りで7,920円(税込み)と料金がお高めなので、本気でエイジングケアしていきたい大人の女性向けです。

ポケまま

定期便もあるよ

知ってる生理用品はいくつあった?

ナプキン以外の生理用品を紹介しましたが、知っているものはいくつありましたか?

生理の時には何かと不便な思いをすることが多いですが、快適になる生理用品を知っていれば対処法の選択肢が増えるので、気になるものがあればぜひ使ってみてほしいです。

うまく生理と向き合っていけるようになってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次