MENU

生理用品おすすめ4選|シンクロフィットは外せない!夜用や旅行などシーン別にご紹介

生理用品おすすめ
  • URLをコピーしました!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

生理用品と言えばナプキンとタンポンぐらいしか知らなかった私ですが、いろいろ調べてみると「今ってこんなに生理用品あるの!?」と驚きました。

最近では女性の生理事情が注目されて、いろんな生理用品が出てきています。

ナプキンだけでも種類がたくさんありますしね。

使ってみたいけどどんなふうに使ったらいいのかわからなくて使えないのはもったいないので、シーン別におすすめの生理用品をご紹介します。

ポケまま

ナプキン以外の生理用品もたくさんあるんだよ

単体で使わなくても、組み合わせるとより快適になるので、私がおすすめする生理用品の組み合わせも紹介しています。

この記事を書いた人

友だちの「吸水ショーツって知ってる?」の言葉をきっかけに、生理用品を調べてみたら「めっちゃ種類あるやん!」ということに気付きました。

女性でも生理用品について知らないことが多く困る場面があるので、知ることで選択肢が増えて少しでも生理中の悩みが減ればいいな~と思っています。

アラフォー主婦、中学生娘と小学生息子の母です。医者や専門家ではないけど、小学6年生から付き合ってきた生理、妊娠、出産を経験しているからこそわかる目線で生理用品について書いています。

私自身は40歳になる頃から生理が2~3ヶ月来ないことが増え、生理になる薬で順調に来るようになったと思ったらまた止まり…を繰り返しています。

もしかしたら40代半ばで閉経するかもしれない状況です。

目次

生理用品おすすめ4選!ナプキン以外の生理を快適に過ごせるもの

たくさんある生理用品の中で、使いやすくておすすめのものをご紹介します。

生理用品はナプキンだけじゃないんですよ。

経血が漏れそうで外出した時に不安、朝起きたら漏れて布団が汚れているなど、生理のたびに困っているなら試してほしいものばかりです。

<おすすめできる理由>

外出した時に漏れないか不安が解消される

寝ている時の伝い漏れが不安が解消される

①シンクロフィット【おすすめ】

シンクロフィット中身

シンクロフィットは膣に直接つけて使う生理用品です。

単体だけで使うのではなく、ナプキンや吸水ショーツと一緒に使う生理用品です。

シンクロフィットが経血を受け止めるため、吸収力がグッとアップするんですよ。

直接つけるのでドロッと出る感触がなく量が多い日でもスリムナプキンで過ごせるので、分厚いナプキンのゴワゴワ感をなくせます。

タンポンは怖くて使えない人でも、中に入れないシンクロフィットなら使えます。

しかもシンクロフィットはトイレに流せるのが便利なところ!

ポケまま

包装ラップも流せるんですよ!

使い方は難しくなく、膣にシンクロフィットをペタっとつけてショーツにはナプキンを貼って過ごすだけなので簡単です。

経血が多い時のほうがつきやすいので、慣れるまでは生理2~3日目に使うと便利さがわかりやすいです。

吸収力がアップして、トイレに流せるのが便利!

\トイレに流せる!/

②吸水ショーツ

吸水ショーツ2枚

吸水ショーツは、ショーツ自体が経血を吸収する仕組みになっているので、ナプキンがいりません!

トイレに行ってナプキンの交換を気にしなくてよく、生理なのに普段通りに過ごせるのがメリットです。

ナプキンのようによれたりズレる心配がないのが生理中をラクチンに過ごせる生理用品です。

デメリットとしては経血を含んだショーツを洗わないといけないことです。

慣れていない人にとっては、経血をたっぷり含んだショーツを洗うのに抵抗があるでしょう。

ナプキンがいらない

\GU・ユニクロ・スリコの吸水ショーツ/

③タンポン

片手
片手で持つ場合

タンポンは膣の中で経血を吸収する生理用品で、プールや海の時に生理でもタンポンを使えば入れます。

ポケまま

生理だから入れないのはガッカリですよね。

タンポンなら経血が外に出てくることなく中で吸収するため、ナプキンを使えない水中で活躍します。

初めて使う時や慣れるまでは、入れることに恐怖心がある人もいるかもしれません。

痛そうなイメージを持っている人もいますが、力を抜いて入れればまったく痛くないですよ!

学生だと自分は使いたくても、使ったことのない母親に「中に入れるタンポンなんてやめなさい!」と言われることもあります。

正しく使えば快適なタンポンなので、使えるようになっていて損はありません。

生理でもプールや海に入れる

\タンポンにも種類がある/

④月経カップ【大人向け】

月経カップ

月経カップはタンポンのように吸収するのではなく、カップで経血を受け止める、今注目されている生理用品です。

シリコンでできた月経カップを膣の中に入れて経血を溜め、数時間後に取り出して経血だけ捨て、再び膣に入れて使います。

うまく使えるようになればナプキンがいらず、生理中でも普段通り過ごせます。

タンポンだと温泉の時にヒモが股の間から見えますが、月経カップは外からはわかりません。

使い捨てではなく洗って何度も使えるためエコでゴミが出ず、経済的にも優しいんですよ。

ただし入れ方が難しく、男性経験や出産経験がない若い女性には使うまでのハードルが高いのがデメリットです。

使えたら快適ですが、大人向けの生理用品です。

生理でも普段通り過ごせる・タンポンのようにヒモが出ない

\使いこなせれば寝る時安心/

生理用品で安いおすすめは?使いやすさから考えると吸水ショーツ

GU吸水ショーツ

生理用品はできるだけ安くで抑えたい時に、ナプキンをまとめ買いするのが一番安いです。

最近では2個パックになっていたり、2つ買うと割引きになる値段設定にしているドラッグストアをよく見かけます。

どうせ使う物なので、安い時にたくさん買ってストックしておきましょう。

私が考える生理用品の安いおすすめは、吸水ショーツです。

ポケまま

シンクロフィットは12個入りで300円前後するからちょっと高めなんだよね

メーカーによって値段はピンキリで高いものもありますが、ユニクロやGUでも販売されており、1000円~2000円前後で購入できます。

3coinsにもあるんですよ!

高い吸水ショーツもありますが、まずは手頃な値段のものから試してみるのがいいと思っています。

吸水ショーツにすればナプキンを使う量が減ります。

洗って繰り返し使えるので2~3枚買えば数年は使えます。

使う時のハードルの低さや使いやすさの面から考え、長い目で見ると安い生理用品は吸水ショーツだと私は考えます。

お手頃な吸水ショーツはこちら
※上の吸水ショーツの紹介に移動します

高い吸水ショーツもあるけどお手頃価格でも販売されているから、まずは試してみて

夜用の生理用品のおすすめ

寝る女性

量が少ない日でも寝る時には伝い漏れが心配で、ぐっすり眠れませんよね。

しっかりガードをすれば漏れる心配をせずに朝まで安心して眠れます。

夜用の生理用品のおすすめをご紹介します。

夜におすすめ特徴
ショーツ型ナプキン履くタイプのナプキンなので寝返りをうってもズレない
生理用シーツ布団にかけることで万が一漏れても汚さない
夜用ナプキンのおすすめ朝まで超安心・超熟睡ガード・朝までブロック

ショーツ型ナプキン

寝る時におすすめなのがショーツ型ナプキンです。

履くナプキンで見た目は介護用おむつのようですが、使った人には寝ていても漏れないと大好評です。

ポケ娘

私も使ってて漏れたことないよ

ショーツと一体化しているため寝返りをうってもズレません。

履くだけでいいので子どもにおすすめです。

\安心感がすごい!/

生理用シーツ

夜用のナプキンをつけていても朝起きていたら漏れていた…経験はあるはずです。

心配な場合は布団にシーツをかけていれば、万が一漏れても布団を汚さないので安心ですよ。

赤ちゃんのおねしょシーツを想像するとイメージしやすいはず。

生理じゃない時には畳んで小さくなるので邪魔にはなりません。

\漏れても布団は汚さない!/

夜用ナプキン

夜用のナプキンは長くて吸収力があるのが特徴です。

長さが40cm以上でお尻全体をガードしてくれるので、後ろ漏れの心配がかなり減りますよ。

【エリス】 朝まで超安心

【ソフィ】 超熟睡ガード

【ロリエ】 朝までブロック

旅行に持って行く生理用品のおすすめ

旅行におすすめの生理用品

旅行に行く時に生理だと荷物が増えるので、なるべくかさばらないようにしたいですよね。

生理じゃなくても用意しておかないと急に来た時に困ります。

旅行に持って行ってもコンパクトな生理用品です。

タンポン

タンポンは膣に入れておけば経血が出てこないので、旅行中でも漏れたり出る不快感がなく快適に過ごせます。

トイレのたびに交換しなくても入れたまま用をたせますよ。

しかもコンパクトだからかさばりません。

タンポンをしていれば海やプールにも入れます!

ポケまま

温泉だと股からヒモが見えるけどね

続けて使わず、抜いた後はナプキンにして長時間使わないことを推奨されていますので、日中はタンポンにしておく、寝る時にタンポンにするなど、旅行中の絶対失敗したくない場面で使うといいですよ。

月経カップ

月経カップだと、生理中でも温泉にも入れるのでおすすめです。

旅行に温泉はつきものですよね。

せっかく旅行に行ったのに、生理で温泉に入れないなんてもったいないことです。

月経カップを使い慣れている人だと入れっぱなしで過ごせて、1日に1回取り出して経血を捨て再び入れるだけなので、荷物もいりませんし、生理じゃない日と同じように過ごせます。

慣れていない人には難しいので、慣れるまでに時間がかかるのがネックです。

吸水ショーツを履いておく

もうすぐ生理になりそうだな…のタイミングで旅行なら、履いていくショーツを吸水ショーツにしておけばいきなり生理になっても安心です。

生理になりそうだから、とナプキンをつけていたのに来なかったことはよくありますよね。

ポケまま

で、外したら生理になったり…

吸水ショーツなら普段通り過ごせて、万が一生理が来ても漏れることがありません。

染みてズボンやスカートのお尻部分が汚れることはありません!

脱いだ後に手洗いしないといけないのが面倒なら、吸水ショーツにナプキンをつけておけばショーツが汚れませんし、ナプキンから漏れてもショーツで受け止められます。

保険のために吸水ショーツを履くのをおすすめします。

低用量ピル

低用量ピルで生理をコントロールできることを知っていますか?

ピルは緊急避妊薬だけではなく、生理による不快な症状を緩和するものとして認知されていっています。

低用量ピルを飲めば生理が来る日をコントロールできるので、旅行の日に生理が来ないようにすることができるんですよ。

旅行中に生理にならないのがベストですもんね。

わざわざそのために婦人科に行くのは抵抗があるな…という場合は、オンライン診療を利用すれば自宅にいながら5分程度の問診で終わり、ピルは最短で翌日に自宅に郵送されてきます。

おすすめのオンライン診療で詳しく説明しているので、使いやすいところを見つけてください。

多い日におすすめの生理用品の組み合わせ

不快感を解消

経血が多い日にはひとつの生理用品だけでなく、組み合わせて使うのがおすすめです。

私は、生理用品は単体で使わなくてもそれぞれを組み合わせることでさらに快適になると思っています。

そのためにもいろんな生理用品を知って、使いやすいものを自分なりにうまく組み合わせて使うのがベストです。

おすすめの生理用品組み合わせ

【吸水ショーツ+タンポン】

経血は中でタンポンに吸収されるが、万が一のために吸水ショーツを履いておくと安心

【吸水ショーツ+シンクロフィット】

シンクロフィットで出てきた経血を受け止めれば、吸水ショーツに付く量が少なくてすみます

【吸水ショーツ+ナプキン】

ナプキンがズレても吸水ショーツがガードしてくれるのでサニタリーショーツより安心

生理の終わりかけにおすすめの使い捨てビデ

生理の終わりかけに膣内を洗浄する使い捨てビデを使えば、少し生理を早く終わらせることができます。

※膣内に残っている経血を洗い流すだけで、根本的に生理を早く終わらせるものではありません。

デリケートゾーンのにおいが気になる時にも使えますので、彼氏と会う前におすすめ。

ゆっくり洗い流すジェルタイプと、一気に洗い流す精製水タイプがありますので、使いやすいほうを試してみてください。

ハナミスイ
¥2,325 (2024/06/11 00:20時点 | Amazon調べ)

膣から取り入れる美容液

生理用品とは少し違いますが、膣から入れる美容液「ラシーネコアセラム」を紹介させてください。

形状も使い方もほぼインクリアと同じなんですが、中身はヒト幹細胞培養液とラクトバチルス菌培養液が配合されていて、ヒアルロン酸とコラーゲンも入っている美容液なんです。

膣の吸収力は肌の42倍らしく、カラダの内側からケアができるアイテムなんです!

値段は高いですが、ラシーネコアセラムを使っていれば膣ケアはできるのでインクリアを使わなくてもいいです。

私が使った時のことを書いているので、興味のある方は読んでみてくださいね~。

\カラダの中からアンチエイジング/

生理用品は組み合わせて使えばより快適になる

おすすめの生理用品を紹介してきましたが、状況によって自分が使いやすい組み合わせを見つけるのが一番快適に過ごせると私は思っています。

ナプキンだけでいいならそれでいいですし、プールや海に行く時にはタンポンを使う、寝る時には履くナプキンを使ってシーツを敷いておく、など自分なりの過ごし方が見つかれば生理中でも安心して過ごせます。

そのためにはいろんな生理用品を使ってみて、合うか合わないかを判断するしかありません。

選択肢を知っておくのが、生理を快適に過ごせる秘訣ですよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次