MENU

シンクロフィットが落ちないコツ!ずれる心配もなし!トイレに流して大丈夫な最強アイテム

シンクロフィットアイキャッチ
  • URLをコピーしました!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

シンクロフィットの使い方は難しくないですが、ちょっとしたコツでうまく付けることができますのでその方法をお伝えします。

ソフィが出している「シンクロフィット」が「神アイテム!」と話題になっていますが、慣れないうちはいくつもトイレに落としてしまいもったいない思いをしている人がいるのではないでしょうか。

せっかく便利なものなのに、うまく使いこなせないともったいないですよね~。

ちょっとしたことなので、少し意識してみてください。

ポケまま

トイレに流せる便利アイテムなんですよ!

この記事を書いた人

アラフォー主婦、中学生娘と小学生息子の母です。医者や専門家ではないけど、小学6年生から付き合ってきた生理、妊娠、出産を経験しているからこそわかる目線で生理用品について書いています。生理用品ってたくさんあるしどれが自分に合うのか使ってみないとわからない…。使う前に「これってどうかな?」「こんなものあるんだ」という発見のきっかけになればいいなと思います。あれこれいろんな生理用品を試すのを楽しんでいます♪

私自身は40歳になる頃から生理が2~3ヶ月来ないことが増え、生理になる薬で順調に来るようになったと思ったらまた止まり…を繰り返しています。

もしかしたら40代半ばで閉経するかもしれない状況です。

目次

シンクロフィットが落ちないコツ!ずれる心配なし!

シンクロフィット箱入り

シンクロフィットは膣に直接つけて使う生理用品で、テープはなく膣口で挟むのと経血とでうまくつくようにできています。

便利なんですがうまく付けられずにいくつもトイレに落としてしまい、もったいない思いを何度したことか…

シンクロフィットの使い方とコツ

シンクロフィットの使い方は、膣に当てて挟むだけです。

シンクロフィット単体で使うのではなく、ナプキンと一緒に使います。

シンクロフィットの使い方
  1. シンクロフィットに中指を入れます
  2. シンクロフィットを膣に押し当てる
  3. 中指を抜いて落ちなければ装着完了!
  4. 捨てるのはトイレに流せば大丈夫
ポケまま

動いているうちになじんでくるのと、経血が多い日ほどなじみやすいですよ

ペタッと当てるだけだとトイレに落ちてしまいもったいないので、私が意識しているコツをお伝えします!

シンクロフィットを付ける時のコツ
  • シンクロフィットを膣に当て、中指を抜かずに立ち上がる
  • 立ち上がる途中で中指を抜く

トイレに座った状態でシンクロフィットから指を抜いてしまうと落ちる確率が高いです。

なので、立ち上がってシンクロフィットが挟まったなと思ったら指を抜きましょう。

ちゃんと挟まっていたら落ちないですしずれません。

逆に次のトイレの時に座っても落ちないぐらいピッタリ付いていて、引っ張って落とさないといけないぐらいです。

ナプキンと併用はしますが、経血はほとんどシンクロフィットに吸収されるのでスリムタイプのナプキンを使うといいですよ。

違和感があるのがついている証拠

つけた時に違和感があるのが少しデメリットですが、その違和感がしっかりついている証拠になります。

動いているうちに違和感はなくなってきます

経血を吸収することで膣になじみますので、多い日に使うほうが早くなじみやすいです。

シンクロフィットはずれることはないの?

シンクロフィットは、しっかりついていれば基本ずれることはありませんが、状況によってはずれることがあります。

シンクロフィットがずれる原因
  • 経血が少ない時
  • つける位置がずれていた
  • 激しい動きをする時

シンクロフィットが経血を吸収することでずれることなくつく仕組みなので、経血が少ない時はひっつかなくてずれることがあります。

また、最初からつける位置がずれていたら、経血を吸収できずにずれてしまいます。

娘が使いだした頃は、経血が少ない&つける位置が悪い状態でずれていることがあったようです。

シンクロフィットは経血量が多い時に使うのが、効果を実感しやすいですよ。

シンクロフィットにメリットはたくさん

リップと比べて
ポケまま

上記の写真はリップと並べていますが、スリムなのがわかるでしょ。

シンクロフィットにはナプキンにはないメリットがたくさんあります。

細くて小さいサイズで持ちやすいですし、トイレに流せるのが一番使いやすいです。

他にもメリットがあるので、詳しく解説します。

捨てる時はトイレに流して大丈夫

シンクロフィットを捨てる時のコツはトイレに座り足を広げ、カラダを横に傾けるとポトッと落ちます。

ポケまま

トイレに流して大丈夫なんです

もしうまく外れない場合は、つまみをつまんで引っ張ると外れるのでそのままトイレに流して大丈夫です。

ナプキンは汚れていなければ次のシンクロフィットをつけてそのまま使うことができます。

衛生面のことを考え、最低でも1日1回はナプキンを変えるようにソフィは推奨しています。

トイレに流して大丈夫なのはかなり便利ですよね~。

寝ている時もずれない

生理中に心配なのは寝ている時の伝い漏れと、ナプキンがずれることで経血が漏れること。

量が少ない日でも伝い漏れで朝起きて「もぉ~」となるのがストレスでしたが、シンクロフィットを付けていれば気にせずぐっすり寝れます!

ぴったりついているので寝相が悪くてもずれることはないですよ。

お風呂上がりに経血が垂れない

生理中のお風呂上がり、カラダを拭いているうちに垂れてくる経血を、シンクロフィットで防ぐことができます。

せっかくお風呂に入ったのに、経血が垂れるともう一度シャワーを浴びたり、バスタオルに経血がついてしまったり面倒ですよね。

まだちゃんと拭けていないのに急いでパンツを履いてナプキンをつけてと、生理の時のお風呂は大変です。

お風呂から上がってすぐにシンクロフィットを膣につけておけば経血が垂れてくる心配はありません。

ポケまま

むしろ裸の時のほうがつけやすいですね

つけるコツがわかっていてしっかりついていればずれることはないので、ゆっくり体を拭けますよ。

外出先でのトイレ

シンクロフィットはスリムなので、ポケットに入れたりハンカチに包めば人目を気にせずに持ち歩けます。

外出先でトイレに行く時、ナプキンを持っていかないといけませんが、いかにも「生理中です!」とわかるようなポーチを持ったり、ポケットに詰め込んで持って行くことになりますよね。

量が多い日用のナプキンだと大きくてポケットはパンパンです。

シンクロフィットだけをポケットに忍ばせてトイレで交換すればいいのでラクチンですよ。

音がしない

シンクロフィットはナプキンのような、バリバリと音がしないので他の人に聞かれることなく交換できます。

トイレでナプキンを交換する時、ガサガサ、バリバリと音がするのがイヤではないですか?

静かなトイレだと音が響いて生理だとすぐわかってしまうのですごく気を遣うことがあります。

シンクロフィットは開ける時に音がしないし、捨てるのはトイレに流して大丈夫だし、公共のトイレで気を遣う人には使いやすいアイテムですよ!

シンクロフィットについてはタレントの指原梨乃さんも動画で絶賛しています!

シンクロフィットのデメリット4つ!トイレが近い時にはもったいない

シンクロフィット

トイレに流して大丈夫な神アイテムのシンクロフィットですが「惜しい!」と思うデメリットもあります。

ちょっとお高め

シンクロフィットの値段は1箱12個入って250円~300円程度です。

1日に4個使ったとしたら3日でなくなってしまいます。

毎生理ごとに買っておかないといけなくなるので、少し高くつく感じがデメリットですね。

しかしナプキンの交換頻度が減るので、トータルで考えると出費としては同じぐらいでしょうか。

シンクロフィットを使うからといって安くすむ、というわけではありません。

安くなっている時やポイント倍の日にまとめ買いをしておくといいですよ。

落ちない時は手で引っ張らないといけない

シンクロフィットはトイレに落としてそのまま流して大丈夫ですが、ぴったりひっついていて落ちないことがあります。

その時は先端をつまんで落としますが、量が多い時にはつまむところまで経血が染みています。

モゾモゾと動いてみて落ちなければ手で落とさないといけないのがデメリットです。

どうしても触りたくなければトイレットペーパーでつまみましょう。

トイレが近い時はもったいない

コーヒーを飲んだり寒くてトイレが近い時にシンクロフィットを使うと、トイレに行くたびに交換することになるのがデメリットです。

つけたまま用を足す、というのはさすがに厳しいですね。

私はよくシンクロフィットをつけた直後にトイレに行きたくなって「さっきつけたとこなのにー!」となります。

1箱12個しか入っていないので短時間で交換するのはデメリットですね。

そもそも吸収力を上げるものなので、すぐ使えなくなるのはデメリットでしかないです。

今からしばらくはトイレに行かない、というタイミングで使いましょう!

初めてだと失敗するかも

シンクロフィットは膣につけるだけなのでコツはないですが、初めて使う時はついているかどうかがわからず失敗するかもしれません。

トイレでつけようとしていて、「ついたかな?」と指を抜いて落ちてしまったらもう使えなくなります。

新しく出さなくてはいけません。

ポケまま

1箱12個しか入っていないのに!

ぴったりついていない状態でパンツを履くとずれるかもしれません。

コツをつかむまでに何個かダメにするかも、というのはデメリットですね。

慣れてコツをつかむと失敗しなくなるでしょうが、最初のうちは失敗するかも、と思っておくといいですよ。

ナプキンにプラスして漏れの心配なし!

シンクロフィットはナプキンにプラスすることで吸収力が増えるアイテムです。

これ単体で生理中を過ごせるものではありません。

使った後はトイレにして大丈夫なのでとても便利!

ポケまま

個別ラップも流して大丈夫なんですよ

使う時には大したコツもずれる心配もありません。

ずれることが心配になりますが、これがずれないようになってるんですよね。すごいです。

伝い漏れを防げるので、量が多い時に漏れてズボンに経血がついて慌てることもなくなります。

シンクロフィットのデメリットは、以下の通りです。

  • ちょっと高い
  • 手で触ることがある
  • トイレが近い時はもったいない
  • 初めての時は失敗するかも

多少のデメリットはありますが、使うことでのメリットのほうが大きいですね。

わずらわしい生理とうまくつき合っていくためにも、シンクロフィットは女性には助かるアイテムですよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次