MENU

ナプキン以外の生理用品をいくつ知ってる?最新の種類を紹介!

ナプキン以外の生理用品
  • URLをコピーしました!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ナプキン以外の生理用品がたくさんあるのを知っていますか?

私は大人になっても生理の時はナプキンかタンポンぐらいの知識しかなく、色々調べるようになって「生理用品てこんなに種類があるんだ!」と驚きました。

以前は生理の話はあまり人前でするものではなく、ナプキンをトイレに持って行くのもコソコソしていました。
(女子同士では大声で「アレ持ってないー?」とか言ってましたけど)

それがだんだん生理でも快適に過ごせるようなアイテムが増えてきて、「フェムテック」という言葉も出てきて注目されてきています。

フェムテックとは、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけ合わせて作られた造語で、女性の悩みを科学的に解決してくれる商品やサービスのことです。

生理でも過ごしやすいものがたくさん出てきているので、ナプキン以外の生理用品の最新種類をご紹介していきます!

たくさん知って場面によって使い分けられるとラクになりますよ!

この記事を書いた人

友だちの「吸水ショーツって知ってる?」の言葉をきっかけに、生理用品を調べてみたら「めっちゃ種類あるやん!」ということに気付きました。

女性でも生理用品について知らないことが多く困る場面があるので、知ることで選択肢が増えて少しでも生理中の悩みが減ればいいな~と思っています。

アラフォー主婦、中学生娘と小学生息子の母です。医者や専門家ではないけど、小学6年生から付き合ってきた生理、妊娠、出産を経験しているからこそわかる目線で生理用品について書いています。

私自身は40歳になる頃から生理が2~3ヶ月来ないことが増え、生理になる薬で順調に来るようになったと思ったらまた止まり…を繰り返しています。

もしかしたら40代半ばで閉経するかもしれない状況です。

目次

ナプキン以外の生理用品はこんなにある!最新の種類を紹介します!

フェミニンな生理用品

生理の時にはナプキンしかないと思っていませんでしたか?

ナプキン以外の生理用品はたくさん種類があるんですよ。

自分はどれが合うのか使ってみないとわからないですが、生理用品の種類を知っていると場面によって使い分けられて選択肢が広がります。

簡単に使えるものから、使うにはハードルが高いまであるので試せそうなものがあれば使ってみてほしいです。

タンポン|生理でもプールや海に入れる

ナプキン以外の生理用品で思い浮かぶのはタンポンではないでしょうか?

膣の中に入れた吸収体が経血を吸収するため経血が外に出てこず、プールや海など水に入る時に生理でもタンポンを使えば入ることができます。

慣れたら違和感なく簡単に使えるタンポンですが、最初のうちは”入れるのが怖い””使ってみたけど痛い”といったデメリットがあります。

タンポンは思ったより奥に入れるものなので、慣れるには何度が使ってみないといけません。

使えるようになるとプールや海に入れるので便利ですよ!

ポケまま

裸になる温泉ではヒモが見えちゃうけどね

ただしタンポンをしているから経血がまったく出ないわけではなく、経血量が多い友だちは(薬を処方してもらっているぐらい)、量が多い日用のタンポンを使ってもナプキンを使わないといけないぐらい経血が出ると言っていました。

タンポンにはサイズがあるので、自分の経血量に合わせて使ってみましょう。

最初のうちはアプリケーター付きのほうが使いやすいですが、慣れてきたら指で入れるフィンガータイプもあるんですよ~。

詳しくはタンポンにはフィンガータイプがある!で書いていますので、興味がある方は読んでみてください。

↓これがフィンガータイプのタンポン

↓ノーマルのタンポンはこっち

月経カップ|ハードルは高いが一番ラク

月経カップは第三の生理用品とも言われ、膣の中にシリコン製のカップを入れて経血を溜める生理用品です。

うまく使えるようになればナプキンいらずで、1日に1~2回月経カップを取り出して溜まった経血を捨てるだけなので生理中でも普段通りに過ごせる画期的な生理用品なんですよ!

生理痛が軽減されるわけではありません

ただ、使うのにハードルが高く問題なく使えるようになるまでに時間がかかるのが月経カップのデメリットです。

月経カップを入れやすいように指で折って膣の中に入れないといけないので、恐いしうまく入らないと痛いし、位置が違うと経血が漏れるし、難しいんですよね…

月経カップのデメリット
  • うまく入らない
  • 正しい位置に入れないと違和感がある
  • 経血が漏れることもある
  • 買うには高い

値段が3,000円程度するので試してみようと思うには高いです。

ポケまま

使えるようになれば便利なんですけどね…

慣れたら生理でも普段通り過ごせる、一番ラクな生理用品だとは思うんですが、慣れるまでが大変なんです。

月経カップについて詳しく書いているので月経カップのカテゴリをご覧ください。

吸水ショーツ|履くだけでいい

吸水ショーツはショーツ自体が経血を吸収する仕組みになっているので、履くだけでナプキンはいりません。

漏れるかもといった心配もなく、トイレに行くたびにナプキンを交換する手間がなくなって快適に過ごせるんですよ。

ただし長時間履きっぱなしだと臭いが気になることがあります。

また洗って何度も使うものなので、経血が染み込んでいるショーツを洗うことを手間と感じるかもしれません。

吸水ショーツのデメリット
  • 長時間履いていると臭いが気になる
  • 洗うのが手間

家にいる休日に履く、数時間のお出かけの時に使うと便利さを感じられますよ!

高い吸水ショーツはありますが、ユニクロやGUなどでお手頃価格で販売されているものだと気軽に使いやすいです。

ポケまま

サニタリーショーツの代わりに履いて、ナプキンをつけてもいいね

低用量ピル|生理をコントロールできる

低用量ピルは生理をコントロールできて、生理痛が軽減されたり経血量が減ったりと、生理による不快な症状が軽くなるんですよ。


”ピルは避妊目的”というイメージが強いですが、それだけじゃないんです。

低用量ピルを飲んでいる間は生理が来ず休薬期間に生理が来るので、生理期間をコントロールできるのも大きなメリットです。

ポケまま

「生理になるかも」と不安にならずに予定通り来るんですよ~

デメリットとしては、毎日同じ時間に飲まないといけないことと、医師に処方してもらわないと手に入らないことです。

日本ではまだピルに対するハードルが高いので薬局では売られていません。

今後、もっと手軽に手に入るようになればいいですね。

オンライン診療なら病院に行かなくても自宅で処方してもらえて郵送されるので、手軽に手に入れることができます。

おすすめのオンライン診療を書いていますので、詳しく知りたい方はこちらをお読みください。

ナプキンの種類も増えてきている

重なったナプキン

ナプキン以外の生理用品がたくさん増えてきていますが、ナプキンにもいろんな種類があるんですよ。

生理期間はずっと肌に触れることになり、合わないとかぶれることがありますよね。

いろんなナプキンの中から自分に合ったものを見つけられたらいいですね。

布ナプキン

布ナプキンは昔からありますが、市販の使い捨てナプキンが合わない人にはおすすめです。

洗って何度も使うものなのでゴミが出ない、ナプキンを買う必要がないメリットがあります。

使い捨てナプキンに慣れていると「洗ってまで使いたくない」と思うかもしれませんが、イメージは「布おむつ」と同じです。

慣れればそこまで手間に感じません。

使い捨てナプキンが肌に合わないという人は、一度試してみるといいですよ。

オーガニックコットンナプキン

使い捨てナプキンにオーガニックコットン素材のものが増えてきました。

肌ざわりがよくかぶれにくいので、肌が弱い人にはおすすめです。

他のナプキンに比べて値段が高くなりますが、オーガニックコットンの生理用品が増えてきているのを考えると需要があるんだろうなと思います。

シンクロフィット

シンクロフィットはナプキンとタンポンの間のような生理用品で、使った人の評判が非常によく「神アイテム!」と言われるほどです。

使い方は膣にあてるだけ。

経血がどっとで出る感覚がなくなりますし、タンポンのように中に入れないので怖くありません。

しかもトイレに流せるのがかなり便利!

シンクロフィットを使うと2時間の吸収力をプラスできるため、長時間トイレに行けない時や量が多い時に使うと便利ですよ。

ポケまま

自転車に乗る時につけてると痛い時があるけどね…

デリケートゾーンのケア用品も種類が豊富

石鹸

デリケートゾーンのケア用品もたくさんの種類があり、ドラッグストアでもよく見かけるようになりました。

どうしても蒸れやすい箇所なので、かぶれたり臭いが気になることがありますよね。

石けんでゴシゴシと洗うのは逆効果になるため、正しくケアしていかないといけません。

使い捨てビデ

なんだか臭いが気になる…

終わりかけの生理を早く終わらせたい

こんな時に使い捨てビデで簡単にデリーケートゾーンをケアすることができます。

中にジェルを入れてゆっくり膣内を洗浄するタイプ

ハナミスイ
¥2,325 (2024/06/11 00:20時点 | Amazon調べ)

膣内を一気に洗浄するシャワータイプ

大三
¥978 (2023/05/14 10:31時点 | Amazon調べ)

彼氏に会う前に使うと臭いを気にしないですみますよ。

使いやすいタイプを試してみてくださいね!

お風呂の時にできるケア用品

デリケートゾーンをボディソープで洗うと刺激が強すぎて荒れてしまう人には、デリケートゾーン専用のアイテムがあります。

アウトクリアはインクリアの姉妹品で、外側からデリケートゾーンをケアできるアイテムです。

リキッドタイプ・ムースタイプがあり、とても優しい肌ざわりで洗うことができます。

また出かける時に吹きかけるだけのスプレータイプもあります。

ミストで臭い対策できる

Ibizaビューティーの「イビサソープ」は有名なので聞いた事がある人も多いと思いますが、ミスタタイプのイビサデオドラントがお手軽でおすすめです。

使い方は気になる部分に吹きかけるだけ。

デリケートゾーンはもちろん、ワキ・足・バストなど全身に使えて敏感肌の人でも使えるようにできています。

出かける時に持っておけばいざという時にもケアできて便利ですよ。

肌に合わない場合は28日間返金保証があるので、まずは試してみてください!

\ 28日間の返金保証あり! /

生理用品の種類を知っておけば選択肢が広がる

「生理の時にはナプキン」という人がほとんどだと思いますが、今はたくさんの種類があります。

生理用品の選択肢が増えれば、シーンによって使い分けられるのでより快適に過ごせるようになります。

自分に合った生理用品をうまく使えるようになればいいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次